トップページ  >  無料便利ツールの紹介  > 日本語分割チェッカー

はじめにお読みください

  〜あたららしい一歩を〜

自己紹介です

HPの趣向

ネット収入の決心

旧ひろの日記

新ひろの日記


ネットで収入の準備

  〜無料で用意できます〜

楽天銀行

ジャパンネットバンク

フリーメール

パスワード管理ソフト

PeX

Point Exchange


ネットで内職

  〜必ず稼げるお小遣い〜

サイト訪問

メール受信

アンケート

懸賞

ゲーム


ネットで内職の準備

    〜必ず必要です〜

ホームページスペース

レンタルサーバー比較

ホームページ作成

ホームページ公開



アフィリエイトの開始

   〜幸せ生活への道〜

アフィリエイトとは

アフィリエイトをはじめるには

ASP一覧

広告を貼ろう

リンクスタッフで稼ごう

お勧めリンクスタッフ

アフィリエイト用語集


アクセスアップの方法

      〜絶対必要〜

アクセスアップの必要性

アクセスアップの方法

  ├SEOって何?

  ├SEO対策@

  ├SEO対策A

  ├SEO対策B

検索エンジンへの登録

  ├検索エンジンの仕組@

  ├検索エンジンの仕組A

  ├検索エンジンの仕組B

トラフィックチェンジ

お勧めトラフィックチェンジ

アクセス解析

お勧め無料アクセス解析

相互リンク

相互リンク支援サイト


無料便利ツールの紹介

  〜無料で超便利〜

htmlチェックツール

検索順位チェックツール

検索キーワードチェックツール

日本語分割チェッカー


知らなきゃ損するお金の話

 〜今まで損してませんか?〜

医療費控除

チャイルドシート支援策

私立幼稚園補助金

日本語分割チェッカー

各検索エンジンは、ホームページ内の文章を1つ1つの単語に区切りその単語を検索文字として管理しています。 そこで注意しなければいけない事は、各検索エンジンごとに単語の区切り方違うということなのです。

例えば「ビジネスマン」という単語があるとします。グーグルでは、 「ビジネス」、「マン」という様にこの単語に区切っています。

ヤフーでは、「ビジネスマン」と1つの単語として登録されています。

さてそれでは、 この様な結果が、グーグルを使った場合と、ヤフーを使った場合検索結果にどのような違いがおきるのでしょう。

「ビジネスマン」と検索すると、グーグルでもヤフーでも「ビジネスマン」という単語にヒットし、 結果が返されてきます。

それでは、「大阪ビジネスマン物語」というサイトがあったとします。

検索するときに「大阪」 「ビジネス」と入力した場合ヤフーでは、 ビジネスマンという単語を区切っていないので、「大阪」 「ビジネス」で検索した場合は、「大阪ビジネスマン物語」というサイトは、検索にかからないということなのです。

あまり神経質になる必要はないかもしれませんが、1度あなたのホームページも日本語分割チェッカーを使ってみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

こんなにすばらしいチェックツールを無料で利用できます。 ぜひ利用してくださいね(^_^)日本語分割チェッカー(WCHECK)のご利用はこちらからです。

徹底解説のページ

アフィリエイト        
アクセストレード バリューコマース  A8.net  電脳卸  JANet 
リンクシェア      
リンクスタッフ        
HP売上アップドットコム 検索エンジン登録代行  ドリームパートナー  アマゾン・アソシエイト   
レンタルサーバー        
ロリポップ ハッスルサーバー さくらインターネット  アミューサーバー  FC2レンタルサーバー
FC2レンタルサーバーLite
サイト訪問        
CMサイト げん玉 ネットマイル  ライフマイル  STAR8 
       
メール受信        
フルーツメール ポイントスタジアム  ポイントモンキー   
   
アンケート        
マクロミル ライフメディア テポーレ Myvoice キューモニター
アイリサーチ AIP D STYLE WEB    
懸賞         
ドリームプライズ  chance It!  懸賞にゃんダフル トレミー  
ゲーム        
予想ネット ポイントランド  モッピー 
   
Copyright (c) 2007-2013 ネットで収入!副業から本業へ, Inc. All rights reserved.